新シリーズ ツインスター2
 
ツインスター2 M3(コケ抑制)・S3(殺菌)・シュリンプ30

小型水槽向けM3・S3・シュリンプ30 
今までカバーできていなかった20L〜50L(シュリンプ30 40L〜50L)タイプです。

Mシリーズはコケの抑制と水草の育成を同時に、
SシリーズはUV殺菌灯の2倍の殺菌力で設置も簡単です。

別売りのアクアクレードルを装着するとよりスマートに設置できます。

【詳細はメーカーHP】http://www.twinstarnano.com/lang_jp/


【メーカー談・シュリンプモデル】】
シュリンプモデルは甲殻類の疾病予防が主たる目的の製品で、特に産卵孵化率の向上と稚エビの生存率を高める効果があります。
その秘密はTWINSTAR独自のプラズマを水中で発生させることでイオン交換された活性水素が生み出されるという仕組みです。
活性水素とは微量元素が豊富に含まれている水のことで、甲殻類に必要不可欠な鉄分や酵素などのミネラル成分です。
通常これらは水草や生体に吸収され徐々に失われ別途に肥料分として添加するわけですが、ほとんどがイオン化されていませんので吸収率が悪く多く添加してしまうと逆に水を汚してしまう結果となります。
水替えをする水道水にも微量元素が含まれていますが、先にも申しました通りイオン化されていませんのであまり効果は期待出来ません。
イオン交換樹脂を通した飼育水は効果ありますが連続した持続性がありません。
シュリンプモデルはわずかな消費電力(作動時で約11W、後は1W未満の待機電力のみ)で継続かつ安定的な微量元素を作り出す世界で愈一のラジカル発生装置です。
このような仕組みから生み出される活性水素がシュリンプにとってとても重要であることがご理解頂けたかと思います。
イオン化された鉄分などのミネラルはシュリンプの脱皮をスムーズにし、元気で発色の良い個体を成長させます。
TWINSTAR Shrimpは全く新しい方法で維持管理できる最適なシステムです。

また他のモデル同様に病原菌類をたった5分間で99.9%死滅させる効果がありますので生存率が高まり大切なシュリンプを病気や感染症から24時間、365日守り続けます。